お知らせ・ブログ

スタッドレスタイヤor夏タイヤ、履き替えにちょうど良い時期のお話

“イカプラ君”

イカプラくん

イカ子ちゃん、スタットレスタイヤと夏タイヤについて、履き替えにちょうど良い時期、知っているかな?

“マイカー”

マイカー

雪が降りそうになると慌ててスタットレスつけていたよ。タイミングの良い時期ってあるの??

 

 
 冬のドライブにはスタッドレスタイヤが必要とご存知の方は多いものの、スタッドレスタイヤの履き替えタイミングについてはあまり知られていないようです。
今年は暖冬、もうぽかぽかの日もあり、雪が降らずに終わってしまう地方も多いかも、
 

 
 急な雪に見舞われ慌ててスタッドレスタイヤを購入、夏まで(場合によっては次の冬まで)そのまま履き続けているという方も実際に見かけます。
今回は安心・安全なドライブを楽しむために、スタッドレスタイヤを装着するタイミング、また夏タイヤへ戻すタイミングについてお話をしたいと思います。
 

スタットレスタイヤの履き替えの時期について

 
 雪の降りやすい地方にお住まいの方、
いつスタッドレスタイヤに履き替えればよいでしょうか?
スタッドレスタイヤの性能を100%引き出していただくために、新品スタッドレスタイヤを購入いただいた場合は時速60km/hで200kmほどの慣らし走行をおすすめしています。
これはタイヤ表面の油や汚れを取り除き、路面と接するトレッド面をより均一に接地させるようにするためです。
 
雪が降り出す約1ヶ月前を目処に、スタッドレスタイヤの購入&履き替えをしていただくのが理想です。具体的なタイミングは気象庁が発表している「霜・雪・結氷の初終日」の情報が参考になります。

同様に結氷の初終日を見ることで、路面が凍結する可能性のあるおおよその期間を知ることができます。慣らし走行を考慮するとこれらの期間が始まる1ヶ月前あたりがスタッドレスタイヤへの履き替えタイミングと言えそうです。

 そのままスタッドレスタイヤを履いていてはダメなの?という疑問にもお答えしておきましょう。最近のスタッドレスタイヤは乾いた路面でもスムーズに走れてしまうためそのまま履き続けている方も見かけますが、実はスタッドレスタイヤはサマータイヤと比べると氷雪路に強い反面、雨が苦手なタイヤということを覚えておいてください。

 そして、重みもあるため、スタットレスタイヤを夏場にはくと
燃費も大変悪くなります。
 

夏タイヤの履き替えについて

 
 今年は高知県で3月16日に開花が発表され、いよいよ、全国で桜の開花が始まっています。このシーズン、ドライバーとしてそろそろ準備したいことといえば、「夏タイヤへの履き替え」です。

 履き替え時期に迷ったら、気象庁のサイトを確認
タイヤを履き替えるタイミングはキッチリと日程が決まっていないだけに、毎年いつにしたらいいのか迷ってしまいますよね。
夏タイヤに履き替える場合は、“降雪期間が終わり路面凍結の心配がなくなった頃”がベストタイミングです。
気象庁のサイトでは、観測地域ごとの「霜・雪・結氷の終日」の平年値が公開されているので、この値と最新の天気予報を参考に、履き替えるタイミングを見極めると良いでしょう。

 お住まいの地域の「雪の終日」確認方法
具体的な確認方法は、気象庁の「過去の気象データ検索」のページから、左側にある「都府県・地方を選択」という場所をクリック(タップ)。お住まいの地域を選択し、ページ右側の「霜・雪・結氷の初終日と初冠雪日の平年値を表示」をクリックすると確認できます
例えば「東京都 東京」を選択した場合、雪の初日は1月3日、終日は3月11日と、平年では3月11日を過ぎると、ほぼ雪が降らなくなることが分かります。
一方、「石狩地方 札幌」を選択した場合は、雪の初日は10月28日、終日は4月19日。となっており、東京と比較すると、雪が降らなくなる時期は1か月ほど遅くなります。お住まいの地域だけでなく、これからクルマで出掛ける予定がある場合は、その地域もあわせてチェックしておくと安心です。

 今回ご紹介したサイトでは、雪が降り始める日の平年値も一緒に確認できるので、夏タイヤから冬タイヤへの履き替えタイミングの参考にもなりそうです。ぜひブックマークして、役立ててみてくださいね。
 

 とはいえ。。。

 
 実際にスタッドレスタイヤを購入する人の割合は少なく、約6割もの人が急な降雪時には車での外出を諦めるというデータもあるそうです

 雪に馴染みのない都心部では、大雪が降るたびにノーマルタイヤによる走行で交通事故や大渋滞が多発しているにもかかわらず、スタッドレスタイヤの購入に至る人が少ないのはなぜでしょうか?
まず考えられるのは、年に数回しか利用しないスタッドレスタイヤに数万円をかけることに抵抗があるということ、そして、集合住宅における夏タイヤの保管場所の確保が難しいということだ。また高齢者の場合、重いタイヤをシーズンの度に車屋に持って行くのはわずらわしいといった問題があります。
こうした状況から、冬のレジャーや急な大雪の際に活躍する、手軽で安心・安全なスタッドレスタイヤのレンタルサービスがあるそうです。
最も安いものでタイヤとホイールセットで4980円(2泊3日)から利用することができるとのこと。是非、調べて利用してみてくださいね!!
 

 タイヤのお話をしましたが、車を売るなら一括査定も素敵な情報、
一括査定のイカプラで是非一括査定したい方は↓下のバナーをクリック!
一括査定プラスではお客様に代わって全国600店舗より最高額で買ってくれる買取店舗を無料で最短3時間でお探しいたします!詳しくはコチラをご覧ください!

車の一括査定サイト イカプラ

 

  • スタッフブログ