お知らせ・ブログ

タントの人気の秘密とは?買取査定額の相場や査定額アップにつながるポイントも紹介

プリウスの高価買取情報
出典:『ダイハツ
 

“マイカー”

マイカー

タントは軽自動車のなかでも人気の車種よね!

“イカプラ君”

イカプラ君

そうだね、広い室内と運転のしやすさ、手頃な価格が人気の秘密なんだ。


軽自動車といえばワゴンRやムーブなどのハイトール型の車種が主流ですが、2003年に登場したダイハツのタントという車種はそのトレンドを大きく塗り替えることになりました。
軽自動車は狭いという常識を見事に打ち砕き、手頃な価格でありながらも広々とした居住性と運転のしやすさを実現しました。
 
今回はタントの魅力を紹介するとともに、タントからの買い替えを検討している方のために買取査定額の相場も併せて解説していきます。
タントの人気の秘密と買取相場を掲載中
出典:『ダイハツ
 

車の一括査定イカプラへのリンク

 

軽自動車の概念を覆した「タント」

タントの画像
出典:『ダイハツ
 
タントは2003年に初代モデルが登場しました。もっとも大きな特徴は2,000mmという室内長と2,440mmのホイールベースです。いずれも当時の軽自動車としてはトップレベルの長さであり、自動車としての使い勝手はコンパクトカーをも凌駕するほどのものでした。
 
外観はちょっとおしゃれな軽バスといった印象ですが、車内に入るとその広さに誰もが驚きます。底床、低重心のフロアに加えて高さも十分で、大人でも少しかがんだ状態で車内を移動できるほど広い空間を確保しています。
 
通常モデルのタントのほかに、特別仕様車としてタントカスタムも同時発売され、よりスタイリッシュな外観を意識するユーザーにも受け入れられました。それまで軽自動車のワゴンといえばどこか地味で乗用車としての魅力は決して高いとはいえないものでしたが、タントの登場によってそのイメージは覆されたといっても過言ではありません。
 

女性から圧倒的支持を集めるタント

 
タントは若いユーザーからシニアまで幅広い層に支持された1台でしたが、なかでも圧倒的支持を集めたのが女性ユーザーでした。特に子育て世代の女性にとっては子どもを乗せて買い物に行ったり、幼稚園や保育園への送迎にも手頃なサイズ感です。デザインもパステルカラーなど女性を意識した色が多くラインアップされたことも大きな要因であったといえるでしょう。
 
2007年に登場した2代目以降のモデルでは男性やシニア層などにも受け入れられやすい押しの強いフロントに変更され、年代や性別を問わず楽しめるようになっています。2013年から2019年まで販売された3代目では衝突軽減ブレーキなどの安全装備が追加され、さらに2019年に登場した現行モデルでは標識認識機能や車線逸脱抑制制御機能なども追加され、安全装備がさらに充実しています。高速道路などの走行時に役立つクルーズコントロールシステムやLKC(レーンキープコントロール)などにも対応しており、ミニバン顔負けの充実した装備を実現しました。
 

広々とした室内空間の軽自動車を求める人におすすめ

自動車の購入を決める際にはさまざまなポイントがありますが、プリウスの購入をおすすめしたいのはやはり経済性を重視する人です。燃費はもちろん、ハイブリッド車ならではのエコカー減税のメリットもあります。
 
軽自動車といえばセカンドカーとして検討するケースも多いですが、タントはセカンドカーとしてだけではなく、むしろメインの1台として十分活躍できる力を秘めています。その理由として「広い室内空間」と「充実した運転支援システム」が挙げられます。
 
タントは初代モデルから圧倒的に広い室内空間を確保しており、大人4人がゆったりと乗車できるほどのスペースがあります。たとえば大人2人、子ども1人が乗車する前提で考えたとき、ミニバンはたしかに広くて快適ですが、むしろ広すぎて持て余してしまうことも少なくありません。それに対してタントは広さもちょうど良く、広い視界で運転もしやすいことからファミリーカーとしても十分活躍できます。
 
運転支援システムについては、先ほども紹介したようにクルーズコントロールシステムやLKCなど年々進化を遂げており、軽自動車だからといって行動範囲が狭くなるような心配もありません。高速道路に乗ってロングドライブも快適に楽しめるため、セカンドカーではなくメインカーとしてのニーズも高まっています。
 

タントの買取相場

タントの画像
出典:『ダイハツ
 
タントから他車へ乗り換える場合、どの程度の買取査定額が期待できるのでしょうか。今回はいくつかのグレードと年式に分けて買取相場をご紹介します。
 

    【タントの買取事例①】

  • 年式:2006年(2代目モデル:L375S型)
  • 色:ホワイト
  • グレード:X
  • 走行距離:5万km
  • 修復歴:なし
  • 買取相場:20万円
  • ※算出日時:2020年1月(算出時期によって相場は異なります。)

    【タントの買取事例②】

  • 年式:2006年(2代目モデル:L375S/L385S型)
  • 色:ホワイト
  • グレード:カスタム X

  • 走行距離:7万km
  • 修復歴:なし
  • 買取相場:30万円
  • ※算出日時:2020年1月(算出時期によって相場は異なります。)

    【タントの買取事例③】

  • 年式:2014年(3代目モデル:L600S/L610S型)
  • 色:シルバー
  • グレード:G SA


  • 走行距離:3万km
  • 修復歴:なし
  • 買取相場:70万円
  • ※算出日時:2020年1月(算出時期によって相場は異なります。)

    【タントの買取事例④】

  • 年式:2014年(3代目モデル:L600S/L610S型)

  • 色:シルバー
  • グレード:X SA


  • 走行距離:5万km
  • 修復歴:なし
  • 買取相場:50万円
  • ※算出日時:2020年1月(算出時期によって相場は異なります。)

    【タントの買取事例⑤】

  • 年式:2018年(3代目モデル:L600S/L610S型)

  • 色:ブラック
  • グレード:カスタムX


  • 走行距離:2万km
  • 修復歴:なし
  • 買取相場:80万円
  • ※算出日時:2020年1月(算出時期によって相場は異なります。)

タントのプラス査定につながるポイント

タントを売る場合にどのようなポイントに注意すれば良いのか、いくつかのポイントをご紹介します。
 
まず、将来的にタントから他車へ乗り換えることを前提に考えた場合、リセールバリューの高いのはどのグレードなのかを検討することが重要です。結論から言えば、タントの高価買取を実現するために買うなら「カスタム」シリーズがおすすめです。タントのカスタムシリーズは中古車の相場を見たとき、他のグレードに比べて20〜30万円ほど高い値がついていることも珍しくありません。高年式で走行距離が数万km程度あれば、新車とほぼ変わらない価格が付いていることもあり、リセールバリューで比較したうえで買うなら通常モデルよりもカスタムのほうが有利といえるでしょう。
 
一方、すでにタントを所有していて高値での査定を狙うためには、できるだけ車体を綺麗に維持することが大切です。外装の汚れはもちろんですが、室内の汚れやホコリ、ニオイなどはできるだけ綺麗にしたうえで査定をしてもらうようにしましょう。
 
 

タントのマイナス査定につながるポイント

タントの画像
出典:『ダイハツ
 
タントは2019年にフルモデルチェンジが行われたばかりのため、先代以前のモデルは直近で値を大きく下げる可能性は低いものの、できるだけ早めに売るほうが高値での買取が期待できます。車体への傷や凹みがあると大きくマイナス査定となってしまうことも多いため、もうすぐ売るからといって雑に扱うのではなく、大切に乗り続けましょう。
 
また、軽自動車は普通車に比べて走行距離が査定額に大きく影響してきます。高年式であっても走行距離が数万km違うだけで数十万円マイナス査定となってしまうケースもあるため、条件が合う買取店が見つかったら早めに決断したほうが良いです。
 

タントのマイナス査定をカバーするためには

タントの画像
出典:『ダイハツ
 
車体に傷や凹みがある場合、修理をしたうえで買取を依頼したほうが査定額がアップすると考える人も多いと思います。しかし、これは得策とはいえません。なぜなら、修理を依頼すると業者への利益分が上乗せされるからです。
 
たとえば修理費が5万円かかったからといって、その分がそのまま買取額に反映されるとは限りません。むしろ数千円、数万円といった差に収まることが多く、結果として損をしてしまうことになります。簡単な洗車や内装の掃除はしたほうが良いですが、高度な技術が必要とされるような修理やメンテナンスはあえてしない状態で査定してもらうほうが得をするケースが多いです。
 
 

“マイカー”

マイカー

タントは室内が広いだけではなく、先進的な装備も充実しているから今も高い人気があるんだね!

“イカプラ君”

イカプラ君

軽自動車はセカンドカーというイメージが強いけど、タントはミニバンの代わりとしても十分役目を果たしてくれる優秀な車なんだよ。

 
一括査定プラスではお客様に代わって全国600店舗より最高額で買ってくれる買取店舗を無料で最短3時間でお探しいたします!詳しくはコチラをご覧ください!

車の一括査定サイト イカプラ

 

  • スタッフブログ