お知らせ・ブログ

速度違反になるのに、なぜ、180キロまでスピードメーターはついているの?

当たり前の様ですが。。
息子が言った一言「この車って、200キロまでスピードメーター
ついてるのに、出す人いるのかな?」「出したらつかまっちゃうね」
考えたこともなかった。。


最高時速100キロに設定しておけば、連日行われるスピードの取り締まりなくなるのにと。

多くの国産普通車のスピードメーターは、時速180キロ(軽自動車は時速140キロ)まで表示があります。理由は、「日本メーカーの普通車のメーターは180キロまで」と日本自動車工業会(日本の自動車メーカーの団体)によって決められたからです。

実は、200km/h以上の表示の国産車もあります。日産の「GT-R(R35型)」やレクサスの「R CF」は、サーキットなどを想定して、340km/hまでの表示になっています。特定のサーキットに行くと、リミッターを解除できる仕組みになっています。

しかし、ベンツやBMWなどの外車のメーターは、200km/h以上に設定されている車がほとんどです。

日本産普通車のメーターが180キロまである3つ理由

日本メーカーの普通自動車のメーターは、日本自動車工業会によって180キロまでに設定されています。それでは、なぜ100キロに設定しなかったのでしょうか?

坂道
車は平たんな道だけでなく、平地と坂道も走ります。平地と坂道では、時速100キロのスピードで走るためのパワーが異なります。あらゆる状況でも時速100キロを出せるようにする。

重量
車にかかる重さによっても、時速100キロで走るためのパワーが異なります。体重60kgのの人が1人乗る車と、体重100kgの人が5人乗る車では重量が大きく異なります。負荷によって必要になるパワーが異なることを考慮すると、法定速度以上のスピードを出せる性能を備え付けておくことが必要になります。

海外の道路事情を考慮
ドイツのアウトバーンご存知かもしれませんが、国によって法定速度が異なっています。日本メーカーが海外でたくさんの車を売り上げています。

緊急時
もし落石などの自然災害が発生した場合、それを逃れるために、法定速度以上のスピードを出す必要があるかもしれません。
危険を回避することができるように、法定速度以上のスピードを出せる性能を備えておく必要があるといえます。


ドライバーごとのリミッターも必要

スピードリミッターが180km/hに設定されている車に比べ、時速200キロ以上のスピードを出せる車に魅力を感じる人は少なくないでしょう。
時速200キロは出す機会がないにしても、
時速100キロしかでない、スポーツカー、、、全く魅力がありません。

しかし、180キロのスピードリミッターは、非常時などに備えて必要だと考えられた数値です。踏み間違い事故などが頻繫にニュースに取り上げられている現在、各自でもう少し低めの速度制限を設定しておくべきでしょう。

ドライバーが法定速度を守って運転することはもちろんです!!ただ、
万が一に備えて、リミッターを120キロや150キロにセットすることによって、事故の被害を減らせるかもしれません。
そんなときの優れもの ボルボのケアキー

使用するボルボ車の制限速度をあらかじめ設定しておけるケアキーは、経験が浅いドライバーや高齢のドライバーに車両を貸し出す際に特に有効です。
他の自動車メーカーも同様の仕組みを導入して行く事ができたら良いですね
両親にも乗らせてみようかな?

今お車ご売却を考えている方、便利な車の売り方があります。
そろそろ車を買い替えようかなとお考えのあなた!!
査定してもらうのに、一括査定を申し込んだら『たくさん電話がかかってきて大変だった』『店頭に持っていく時間がない』『ディーラー下取りは安いんだよな。。。』『そもそも面倒くさい』そのすべて、

イカプラに丸投げしてみませんか?

電話をかける女性
 
イカプラは、お手元に車検証をご用意して頂き簡単なフォームを入力して頂き、イカプラオペレーターからの電話を待つだけ。営業時間内に折り返しお電話させていただきます。
詳しい車の情報をお伺いし、何と3時間以内に一番高い買取金額を提示していただいた買取店を紹介いたします。 なんと提携買取店600店舗!!
LINE査定やメールでのやり取りも可能ですよ!
 
詳しい内容はぜひ、イカプラのHPをご覧ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
イカプラHPバナー

  • スタッフブログ