お知らせ・ブログ

ながら運転 違反点数が三倍に!?

“イカプラ君”

イカプラくん

いか子ちゃん、携帯電話のながら運転、
ついに2019年12月から、三倍の減点数だって!

“マイカー”

マイカー

原点だけじゃないわ、罰金も一気に多くなるんだって。こうなれば、スマホによる交通事故が減るかしら、、、

運転中の携帯電話使用等に関する違反点数・反則金の引上げ案

この改正案は、2019年12月1日に施行予定の改正道交法についてのもの
運転中にスマートフォンなどを使用する「ながら運転」が厳罰化されました。

以下のような違反点数、反則金の引上げ案が盛り込まれています。

運転しながら携帯電話使用等

違反点数 

改正前 2点 → 改正後6点 (即免許停止)

酒気帯びの場合:改正前14点 → 改正後16点 (即免許取消し)

違反金

大型1万2千円、普通9千円、二輪7千円、小特等6千円

<携帯電話使用等により交通の危険を生じた場合>

●改正前:3月以下の懲役または5万円以下の罰金 → 
●改正後:1年以下の懲役または30万円以下の罰金

携帯電話の使用等 (保持(手に持っている事))だけでも違反に

違反点数

●改正前 1点 → 改正後3点

●酒気帯びの場合:改正前14点 → 改正後15点 (即免許取消し)

違反金

大型7千円、普通6千円、二輪6千円、小特等5千円 → 大型2万5千円、普通1万8千円、二輪1万5千円、小特等1万2千円

<携帯電話の保持 (手に持ちながら運転)>

改正前:5万円以下の罰金 → 改正後:6月以下の懲役または 10万円以下の罰金

警視庁によると、2013年に2,038件だった「ながら運転」を原因とする人身事故は、2018年には2,790件と1.4倍に増えているそう。
今回の改正は、携帯電話の「ながら運転」による重大事故が増えているうえに携帯電話等の使用中の死亡事故率を見てみると、使用していない場合2.1倍となっており、「ながら運転」を減らすことが重要だと考えられたわけです。

まとめ

罰則の重さに関わらず「ながら運転をしない」が大原則ですから、普段からきちんと運転している人にとっては、今回の改正も大きな問題ではないかもしれません
。しかし、自分や家族が「ながら運転」による事故に巻き込まれないためには、厳罰化は歓迎すべきものでしょう。グーグルマップなど、携帯電話によるナビゲーションシステムが普及される今保持による違反も気を付けたいものです。
2020年以降、「ながら運転」による重大事故が減ることを期待しましょう!

運転が好きで、そろそろ車を買い替えようかなとお考えのあなた!!
査定してもらうのに、一括査定を申し込んだら『たくさん電話がかかってきて大変だった』『店頭に持っていく時間がない』『ディーラー下取りは安いんだよな。。。』『そもそも面倒くさい』そのすべて、

イカプラに丸投げしてみませんか?

電話をかける女性
 
イカプラは、お手元に車検証をご用意して頂き簡単なフォームを入力して頂き、イカプラオペレーターからの電話を待つだけ。営業時間内に折り返しお電話させていただきます。
詳しい車の情報をお伺いし、何と3時間以内に一番高い買取金額を提示していただいた買取店を紹介いたします。 なんと提携買取店600店舗!!
LINE査定やメールでのやり取りも可能ですよ!
 
詳しい内容はぜひ、イカプラのHPをご覧ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  • スタッフブログ