お知らせ・ブログ

車いすに優しい車

“イカプラ君”

イカプラくん

車いすのお母さん 介護者に優しい車ってなんだろう

“マイカー”

マイカー

今はバリアフリーが多いし、便利な車がいっぱいだから怖いものなしね

 
 

 
 
 

福祉車両とは、車椅子利用者の方や、車の乗り降りが不自由な方が利用しやすいよう改造された車のことです。

この福祉車両にはいくつか種類があります。
自操式は、手動や足動などの運転補助装置がついた車となります。「介護式」は、障害のある方が乗り降りしやすいよう座席が回転する「回転(スライド)シート車」や、昇降機能、車椅子のまま乗り降りができるスロープやリフトがついた車です。

また、助手席や後部座席に乗ってほかの方に運転してもらう介護式、また、公共交通機関向けとしては「ノンステップバス」や「リフト付きバス」などがあります。

足腰が少し弱ってきた方や外出時に杖や車椅子を必要としている方は
シートが回転・昇降する車がお勧めです。

●まだ歩くのがそれほど苦でない方を介助するなら、シートが回転・昇降する車がオススメです。乗り心地は、普通の車のシートとさほど変わりません。リハビリの観点からも乗り降りで多少の負荷があったほうがいいとされています。乗り降りしやすいシートが付いていても、実際に介助の必要な人が座りやすいか、車内に移動しやすいかは、車によっても、シートの位置によっても異なります。購入前に必ず本人に試してもらい、確認しましょう。

●足腰がちょっと弱ってきた方には回転(スライド)シート車

膝などの関節に痛みがあるなど、足腰に負担を感じており、1人で車に乗り込むことが苦痛になってきた方には、座席が回転または回転スライドして乗り降りをサポートしてくれるタイプの車を選びましょう。 助手席が回転するタイプのほか、2列目シートが回転するタイプもあります

●車椅子が必要な状態なら昇降シート車

車椅子からの乗り替えでは、介助する人もそれなりの負荷がかかりますので、電動でシートが回転&昇降して乗り降りをサポートしてくれるタイプの車をえらびましょう。 また介助者が左右から支える必要がある場合は、スライドドアから乗降するタイプが介助しやすいので、助手席ではなく2列目シートが回転&昇降する車がよいでしょう(一部、助手席がスライドドアになっている車もあります)。

チェック①
「座りやすさ」

座りやすさを確認するポイントは、「シート座面がどこまで下がるか」です。実際に本人に座ってもらい、すんなりお尻がシートの奥へ届くかどうかチェックしましょう!

チェック②
「乗り込みやすさ」

移動のしやすさを確認するポイントは、「車内に入る際に頭や足が引っかからないか」です。特に助手席の場合は実際に乗り込んでもらい、窮屈にならないかや恐怖感がないかをチェックしましょう!
.

チェック③
「乗り移りやすさ」

車椅子から乗り替える場合に確認するポイントは、「車椅子の座面と車のシートの座面が同じ位置になるか」です。実際に車椅子から座席へ乗り込み、乗降時の負担をチェックしましょう!

さあ!!車いすを積み込んで出かけてみよう!
どこが良いかな?

 

 
整備された観光地、国立公園ならまず間違いなくバリアフリー対応になっています。また、世界遺産がある観光地はたとえ古い神社やお寺などでも意外と設備が整っているところも増えてきました。実際訪れた印象ですと、京都はさすが日本を代表する観光地といったところ。

たとえば、京都・清水寺では紅葉シーズンの連休や週末には交通規制が敷かれ、一般車は参道を通ることができませんが、車椅子利用者がいる車両なら特別ルートで清水寺の舞台がある入場門のすぐ近くまで車で行くことができます。金閣寺も同様。金閣寺の正面まで車椅子で行くことができます。しかし、同じ世界遺産でも階段がほとんどの日光東照宮は途中までしかいけません。(平坦な道でも砂利道が多い)。

個々のバリアフリー設備はホームページなどに情報がある場合もありますが、事前に電話で確認することをおすすめします。海外なら、アメリカがお勧めです。どんな観光地でも、ホテルや街中でも車椅子での移動で困ることはまずありません。
さあ、車いすでも快適な旅ができます。
是非、お出掛けください。

これから福祉車両にお乗換えの際、
ご売却の際は、

イカプラに丸投げしてみませんか?

電話をかける女性

イカプラは、お手元に車検証をご用意して頂き簡単なフォームを入力して頂き、イカプラオペレーターからの電話を待つだけ。営業時間内に折り返しお電話させていただきます。
詳しい車の情報をお伺いし、何と3時間以内に一番高い買取金額を提示していただいた買取店を紹介いたします。 なんと提携買取店600店舗!!
LINE査定やメールでのやり取りも可能ですよ!

詳しい内容はぜひ、イカプラのHPをご覧ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
イカプラHPバナー

  • スタッフブログ