お知らせ・ブログ

近い未来の車

車は空を飛んでいる

未来の車のイメージ
エアバスは、ヨーロッパの4ヶ国が共同で運営している航空機会社です。エアバスは以前から、得意分野である空を利用した新たなるビジネスとして「空飛ぶタクシー」を計画していました。

かねてから抱いていた構想は、大型ドローンと小型サイズの車とを一体化させることで、一気に現実味を帯びてきました。

空に比べると窮屈な道路では、渋滞が起こってしまうこともあります。Pop.Upのような空飛ぶ車が実現した未来社会においては、渋滞問題は遠い過去の話となっているかもしれません。

空飛ぶ未来カーを、想像して製作されたのが、
世界的に大ヒットした1985年の米映画
『バック・トゥ・ザ・フューチャー』に登場したタイムマシンのベースカー、デロリアンが250万ルーブルでオークションに出されたそうです。

車を買った人には、スポーツ年鑑や、
映画の主人公、ロックとペプシコーラが大好きな高校生マーティ・マクフライがはいていた編み上げスニーカーやホバーボード(Hoverboard)、
キャップも贈られたそうです。

人工知能機能

さまざまな自動車メーカーで開発が進められているのが、自動運転の機能です。コンセプトカーが多く開発されており、近い未来に自動運転機能が搭載された車が登場するのが期待されます。
この技術が発達している背景には、AI(人工知能)の開発、IoT、さらにはビッグデータの進展などが関係しています。自動車メーカーは独自の技術で実験を重ねながら、技術の開発を急いでいます。IT界の大巨人とも言えるグーグルやアップルなども自動運転の技術に挑んでいます。
グーグルは実際にカルフォルニアで自動運転の試験を始めており、AIやセキュリティなど得意とする分野の企業も多数、自動運転に挑戦しています。

環境に優しい車

未来の車と聞いて一番頭に上るのは、環境に優しくなっている車や、電気自動車、ではないでしょうか?環境に優しいという事は、新しい車を開発していく上で必要な事になっています。
もちろんこれは未来の車を作っていくのにも必要な事で、多くの自動車メーカーが環境に優しい車を開発しています。代表的なシステムには、PHV(プラグインハイブリッド)で電気自動車とハイブリットを組み合わせたもの、HV(ハイブリット)エンジンと電気を組み合わせたものがあります。
実際に販売されているシステムですので、現代でも環境に優しい車は誕生しています。他にも最近技術の向上があるのが、電気自動車です。バッテリーの技術や急速充電が可能になり、より実用的になっています。これからさらに技術が向上し、環境に負担が少ない車が出てくるのが、楽しみですね

“イカプラ君”

イカプラくん

自動運転は、すごく魅力的、信号を守る機能が付くのも時間の問題かな、、、

“マイカー”

マイカー

運転って苦手!人間より、知能が上回るAI、、早く自動運転になってほしいなーー

そろそろ車を買い替えようかなとお考えのあなた!!
査定してもらうのに、一括査定を申し込んだら『たくさん電話がかかってきて大変だった』『店頭に持っていく時間がない』『ディーラー下取りは安いんだよな。。。』『そもそも面倒くさい』そのすべて、

イカプラに丸投げしてみませんか?

電話をかける女性

イカプラは、お手元に車検証をご用意して頂き簡単なフォームを入力して頂き、イカプラオペレーターからの電話を待つだけ。営業時間内に折り返しお電話させていただきます。
詳しい車の情報をお伺いし、何と3時間以内に一番高い買取金額を提示していただいた買取店を紹介いたします。 なんと提携買取店600店舗!!
LINE査定やメールでのやり取りも可能ですよ!

詳しい内容はぜひ、イカプラのHPをご覧ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
イカプラHPバナー

  • スタッフブログ