お知らせ・ブログ

愛車を高く売るためのポイントとは?買取と下取りは何が違う?

https://ikapula.com/wp/wp-content/uploads/2019/11/kaitori_1.jpg

マイカー

マイカー

車を高く売るためにはどうすればいいのかしら…?

“マイカー”

イカプラくん

高額査定のための色々なポイントはあるけど、今回は最低限押さえておきたいポイントを4つ紹介していくよ!


引っ越しや車の買い替えなどのタイミングで愛車を下取りに出す人も多いと思います。長く大切に乗り続けてきた愛車だからこそ、できるだけ高く買い取ってほしいと願うのは当然のことですよね。

そこで今回は、愛車の買取を依頼する際にできるだけ査定額をアップさせるために気をつけたいポイントをいくつかご紹介していきましょう。これから車を売りに出したいと考えている方は、ぜひ最後までお読みいただき参考にしてみてくださいね。

愛車を高く売るための4つのポイント

車の高価買取

まずは愛車をできるだけ高く買ってもらうためのコツとして4つの具体例を挙げてみます。買取の依頼を検討している方は、まずはこれらの項目をチェックしておきましょう。

車の一括査定イカプラへのリンク

 

細かい部分まで洗車をする


車を売る際には買取専門の査定スタッフが状態を見極めたうえで見積もりを提示します。当然のことながら、車に汚れが付いたまま査定を依頼してしまうと心象は良くなく、査定額がマイナスとなってしまうことがあります。もちろん、単なる汚れなのか傷なのかを査定時に判断は行いますが、あまりにも汚れが酷い状態で査定に出してしまうと、「普段からこんな状態で乗り続けてきたのでは?」とか「ほとんどメンテナンスを行ってこなかったのでは?」と思われてしまいます。

必ずしも汚れがあるからマイナス査定につながるということではないのですが、車の状態が分かりやすいようにするためにも、洗車をしてから査定依頼に出すようにしましょう。

洗車時に特に注意しておきたいポイントが、サイドシルとアクセルの部分です。

サイドシルとはドアを開けたときに出てくる車の敷居のような部分で、車種によっては車やメーカーのロゴが刻印されているかもしれません。なぜサイドシルが重要であるかというと、ドアを閉めた状態だと見えづらく、洗車の際に見逃してしまいがちなポイントであるためです。あまり目立たないサイドシルの部分まできれいな状態を保っていると、丁寧にメンテナンスをしながら乗られてきた車だと感じられ、プラス査定につながりやすい傾向があります。

また、アクセルペダルの清掃も重要なポイント。通常、洗車をする際にフロアマットを外してクリーナーにかけることはあっても、アクセルペダルまで丁寧に清掃する人は稀です。車を運転するうえで必ず足を掛けるところでもあるため、ブラシなどで丁寧に汚れを拭き取っておきましょう。特にペダルの隙間に入り込んだ砂利は丁寧に取り除き、清潔な状態を保っておくことが重要です。

モデルチェンジ前のタイミングで売る

愛車を売るタイミングによっても買取査定額は大きく変わってきます。モデルチェンジによって新型車が出てくると、それまでの旧型車は大幅に価格が下がってしまうことが多いです。

新型車が出ると分かっていると、ほとんどの人は新型車が登場するまで購入は控える傾向があります。そのため、あらかじめ新型車の登場が分かっている場合はできるだけ早いタイミングで買取を依頼したほうが高額査定につながりやすいでしょう。

特に現在乗っている車が現行モデルで、新型車の登場と同時に1世代前のモデルに型落ちしてしまう場合は売りに出すタイミングが非常に重要です。ちなみにフルモデルチェンジのタイミングは車種によっても異なりますが、およそ5年程度の周期で新型が登場することが多いため、現在乗っている車の年式と照らし合わせて検討してみると良いかもしれませんね。

修理をしない状態で売る

傷や凹みがあると査定額が減額すると考え、買取を依頼する前に修理をする人も多いです。しかし、買取のために修理に出すことは決して得策とはいえません。なぜなら、傷や凹みによるマイナス査定分に対して、買取金額のほうがさらに低くなってしまうことが多いためです。

たとえば、仮に修理に5万円かかったとしても、買取査定時に3万円分のマイナス査定となってしまうと結果的に修理費用がマイナスとなって損をしてしまいます。買取依頼の際にはこのようなケースが多く、下手に修理や板金をしないでそのままの状態で売ったほうが高額査定につながりやすいです。

なぜこのようなことが起こるのかといえば、修理に出すということは修理業者への工賃が上乗せされるからです。車の買取業者は自社に整備工場を持っているので、買い取った車を売りに出す前に必ず点検や整備を行います。その際に一緒に傷や凹みの修理もすることで、トータルのコストを抑えることができるのです。
ちなみに、ごく小さな傷を修理するためにDIYで補修する人も多く見られますが、補修跡が目立っていたり手触りに異常が感じられるとマイナス査定につながってしまうこともあるため注意しなければなりません。

車検を取り直す必要はない

車検が残っているとその分買取査定額がアップすると考え、わざわざ車検を取得してから買取依頼に出す人も多いです。しかし、車検の取得にかかる費用と買取時のプラス査定分の金額を比較してみると、車検取得にかかる費用のほうが高額になってしまいます。自賠責保険などの還付が受けられるとはいえ、トータルで考えると車検を取得したうえで買取依頼に出すメリットはないでしょう。

また、車検に出すということは修理やメンテナンスにかかる費用も高額になりがちです。先ほど紹介したように、修理をしない状態で売るという鉄則にも反するため、わざわざ車検を取り直して売りに出すのは避けたほうが無難です。

下取査定と買取査定の違い

愛車を売りに出すときに誤解しがちなのが、「下取査定」と「買取査定」です。CMやお店の看板、広告などでもよく目にする言葉ですが、実は車を売りに出す理由やタイミングによっては買取額が大きく変わってくることがあるのです。

まず、下取査定とは車を買い換える前提で、今乗っている車を販売店に買い取ってもらうことを指します。車の購入手続きと下取りを同じ店舗で一連の手続きのなかで行えるので、ユーザーにとっては手間が少なくて済みます。

一方で買取査定とは、販売店ではなく買取専門店に依頼することを指します。一見下取り査定のほうが手間がかからずメリットが大きいように思えますが、実は販売店によっては特定のメーカー以外の車は下取り額が下がってしまうこともあるのです。

買取専門店であれば不特定多数のメーカーの車を扱っているので、メーカーごとに査定額が相場より安くなるデメリットは少ないです。そのため、できるだけ高く車を買い取ってほしい場合は、多少手間がかかったとしても下取りではなく買取専門店へ依頼するのがベストな方法といえるでしょう。

まとめ

■車を高く売る方法■

  • 細かい部分まで洗車をし、査定員に印象良くする。
  • モデルチェンジ前のタイミングで売る。
  • 修理をしない状態で売る。
  • 車検を取り直す必要はない。車検前に売る。

マイカー

マイカー

車を高く買い取ってもらうためには色々なポイントがあるのね!

“マイカー”

イカプラくん

そうだね、ほかにも細かいポイントはあるけど、今回の4つのポイントは最低限押さえておこうね!

どこで売ろうか迷っているそこのあなたに耳寄り情報!!

一括査定プラスでは、お客様に変わって、全国600店舗より最高額で買ってくれる買取店舗を無料で最短3時間でお探しいたします!詳しくはコチラをご覧ください!

車の一括査定サイト イカプラ

 

  • スタッフブログ