お知らせ・ブログ

カーコーティング2種類存在するのは知っていますか??

カーコーティング2種類存在するのは知っていますか??

こんにちは、イカプラ運営局です。

カーコーティング2種類存在するのは知っていますか??
雨天時の運転は、視界が狭くなり危ないですよね。
そのとき効果が期待されるのが、フロントガラスのコーティング。
今回は『撥水』、『親水』の2種類についてまとめていきます。

撥水と親水の違いは??

撥水コーティングとは・・・雨粒がフロントガラスを水玉状になり、転がりおちていき前方の視界を見やすくするもの。難点は、水玉のレンズ効果でウォータースポットになりやすいと言われています。
親水コーティングとは・・・撥水コーティングとは逆の性質を持ち、水玉状にならずそのまま落ちていく。
それぞれの特性にメリット・デメリットがあるので、性質を生かした商品が多数でていることも。

2つの特徴は?

撥水性コーティングの特徴

水をはじく性質のことを撥水と言います。一見綺麗な平面に見えますが、目には見えない程の小さな凹凸状になっています。
そして撥水コーティングされたボディは水滴の接触抵抗が非常に少ない状態のため、走行風などで簡単に水を除去することが出来ます。
細かい凹凸が光を乱反射し、ギラギラとした光沢がでます。

親水性コーティングの特徴

水と親和しやすい特性を持っています。つまり水となじみやすいということです。
球型になろうとする水の表面張力を、コーティングの表面処理によって分散させ、大きな水玉を作らない性質を持っています。
そのため水に濡れた車は、薄い水の膜が張ってしまいます。ですが、これこそが親水のコーティング効果なのです。自然な光沢感を求められる方はこちらがオススメかもしれません。

メリット

撥水性コーティングのメリット

水滴になった水は、重力や走行風で簡単に飛んでいきます。雨の後のボディに残った水滴はコーティングしたことが視覚的に分かりやすく満足度が高いのがメリットです。
また、親水性のコーティングに比べ、コーティング膜が厚く感じられ深みのある光沢が出ます。コーティング表面の硬さが衝撃を和らげ擦りキズに強いのも強みです。

親水性コーティングのメリット

ウォータースポットに対して非常に有効に働きます。親水性のコーティングを施したボディにはみ、水の表面張力が働かず、付着した水分が水滴になりにくいため、ウォータースポットができにくいのです。そのため屋外駐車をされる車には親水性コーティングの方がメリットを感じることが大きいでしょう。

デメリット

撥水性コーティングのデメリット

水滴が出来ることで、ウォータースポットが出来やすいのが最大のメリットです。ウォータースポットを作らないようにするためには下記の二点に気をつけるといいかもしれません。
●雨が降ったあと、雨汚れの水滴が残っているボディを速やかに洗車して洗い流すこと
●洗車後の水滴を残さないで完全にふき取ること

親水性コーティングのデメリット

艶の出方が劣り、水の弾きがない分、コーティングが施工されているかどうか見分けがつきにくいというところがデメリットです。
また、親水性は水滴を作らず水をまとめる性質があるので、走行中に水滴を飛ばすことは出来ません。

まとめ

■車のボディを長期に渡って良いコンディションを維持したいという目的ならば親水性コーティング
■ツヤ感や水の弾きが好きであれば撥水性コーティング
ご自身の車とライフスタイルに合わせることがベストな判断と言えるでしょう。

  • スタッフブログ