お知らせ・ブログ

ながらスマホの運転は危険行為!自分の為にも安全な運転を心がけましょう

現代社会において、スマホは生活になくてはならないものになりました。電話、メールはもちろん買い物、情報収集、SNSでのコミュニケーション等。あらゆることは、全て手のひらで出来る大変便利なツールです。

今、世の中から無くなったら最も困る物なのではないでしょうか。

そんなこともあり、運転中でもスマホをついつい見てしまう人もいると思います。実際、私自身も赤信号で停止中に、前の車の人がスマホを触っているであろう素振りを何度も見かけたことがあります。しかし、それは非常に危険な行為であり、やってはいけない行為なのです。

法的にもスマホ運転は禁止された行為です。
道路交通法原文では以下のように記載されています。

○道路交通法(昭和35年法律第105号)

(運転者の遵守事項)
第71条車両等の運転者は、次に掲げる事項を守らなければならない。
一~五の四(略)
五の五 自動車又は原動機付自転車(以下この号において「自動車等」という。)を運転する場合においては、当該自動車等が停止しているときを除き、携帯電話用装置、自動車電話用装置その他の無線通話装置(その全部又は一部を手で保持しなければ送信及び受信のいずれをも行うことができないものに限る。)を通話(傷病者の救護又は公共の安全の維持のため当該自動車等の走行中に緊急やむを得ずに行うものを除く。)のために使用し、又は当該自動車等に取り付けられ若しくは持ち込まれた画像表示用装置(道路運送車両法第41条第16号若しくは第17号又は第44条第11号に規定する装置であるものを除く。)に表示された画像を注視しないこと。
六(略)

【参照元】https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotsu/jikoboshi/bicycle/menu/ho_kisei.files/hou_kisei.pdf

要約すると、運転中に運転以外のスマホなどを注視する行為をしてはいけないということです。停車中であれば、スマホを操作しても問題ない

のですが、道路の脇などの安全な場所に停めてなら問題ないということです。赤信号の停止中は一見問題ないように感じると思いますが、青に変わった際、とっさに反応できないので、そういったことも踏まえるとは禁止行為と言えます。

罰則はどのくらいか?
(1) 携帯電話使用等(交通の危険)
罰  則 3月以下の懲役又は5万円以下の罰金
反 則 金  大型12千円、普通9千円、二輪7千円、原付6千円(1万8,000円)
基礎点数 2点
(2) 携帯電話使用等(保持
罰  則 5万円以下の罰金
反 則 金  大型7千円、普通6千円、二輪6千円、原付5千円
基礎点数 1点
なお、罰則については今後、今まで以上に重罰化される予定です。

平成30年では2,790件ものスマホ運転による交通事故が発生しています。(過去5年で1.4倍に増加)
スマホ運転で多くの罪のない人の命も奪われています。


自分の大事な人が、スマホ運転により、被害者になったらどういう気持ちになるでしょうか。また、加害者側もこれまで通りの生活が送れなくなることも有り得ます。今一度自分の運転を見つめ直し、安全な運転を心がけていただければと思います。
 

 

今話題のクルマの一括査定。1番高い1社しかか電話がかかってこないイカプラを試してみてはイカがでしょうか?

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  • スタッフブログ