お知らせ・ブログ

車のご売却時に必要なものとは❔

こんにちは!

今回はお車を手放す際に必要となる物についてご紹介いたします!

車をご売却になる際に必要なものは下記のものになります。

〇自動車検査証(車検証)

〇リサイクル券

〇自動車税納税証明書

〇委任状

〇実印

〇譲渡証明書

〇印鑑証明書

〇住民票

〇自賠責保険書

これらがどういったものなのか詳しく説明します!

主に必要なもの

車検証
車検証とは、道路運送車両法が定める自動車保安基準を満たした車を証明する書類です。自動車に関する情報が細かく記載されています。紛失した場合はナンバープレートの管轄の運輸支局(陸運局)や自動車検査登録事務所(軽自動車の場合は軽自動車検査協会)に申請し、再交付の手続きを行います。

リサイクル券
自動車リサイクル料金を預託している場合は、それを証明するリサイクル券が必要です。万が一、紛失した場合は自動車リサイクルシステムホームページにてプリントアウトして使用できます。

自動車税納税証明書
毎年4月1日時点でナンバーを取得しているお車に課される税(自動車税)の納税証明書です。車検の際に必要となります。紛失した場合は各都道府県の税事務所(軽自動車の場合は市区役所)にて、再発行してもらえます。

委任状
車の名義変更を買取店に任せるときに必要な書類です。委任状はお店で用意してもらえますが、実印を必要とする項目があります。

実印
売却時も委任状や譲渡証明書に捺印する印鑑は実印になります。実印は、市区町村への登録が必要です。

譲渡証明書
譲渡することを証明する書類です。譲渡証明書はお店で用意してもらえますが、実印を必要とする項目があります。

印鑑証明書
印鑑が市区町村に登録された実印であることを証明する書類のことです。3カ月以内に発行された印鑑証明書が必要となります。

住民票
車検証に記載された住所と印鑑証明書の住所が違う場合に必要となります。

自賠責保険証
車検ごとに次回車検時までの加入手続きを行う、保険の加入証明書のことです。紛失していたり、期限が切れていたりするとクルマを売却することができません。紛失した場合は保険会社に問い合わせましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
住所の変更がなければ、印鑑証明書と実印、車検証、自賠責保険証、自動車税納税証明書があればすぐにご売却できます!

お家にご売却が面倒で眠っているお車はないですか??
上記書類があれば、スピーディーに簡単にご売却することができますので、一度一括査定プラスで査定の依頼をしてみてはいかがでしょうか?

一括査定プラスではお客様に代わって全国600店舗より最高額で買ってくれる買取店舗を無料で最短3時間でお探しいたします!詳しくはコチラをご覧ください!

車の一括査定サイト イカプラ

 

  • スタッフブログ