お知らせ・ブログ

車の売却はこれを押さえれば大丈夫!車用語・車検証

車を売るときにわからない項目を聞かれて困ったことはないでしょうか?
そんな時、お店の人に中々伝わらず時間がかかってしまいます。

そこで!今回は実際に聞かれることや車の部位などを紹介します!

ボディの部位

車の部位を知っていたら楽に説明することができるので、簡単にご紹介いたします。

① ボンネット
エンジンルームのふたやカバーなどの役割があり、エンジンフードとも呼ばれます。
歩行者と衝突したときに歩行者を守るクッションの役目も持っています。

② バンパー
フロント(前方)やリア(後方)の最も先端に位置する部位を指します。

③ フェンダー
タイヤを覆っているパーツを指します。

④ サイドシル
車のボディ横の下端、ドアの下部のことを指します。まれにサイドシルの横に車のファッション用としてサイドステップがついているのでドアを開けないと見えない車もあります。

⑤ ピラー
ピラーは柱という意味を持ちます。前から『Aピラー』『Bピラー』という順番になっています。
車によってピラーの本数は変わるので自身の車は何本か確認してみましょう。

⑥ ルーフ
ルーフは屋根という意味を持ちます。そのため、車でも天井・屋根のことをルーフといいます。
サンルーフやムーンルーフなど窓がついている車があるのでよく査定時に聞かれたりします。
※サンルーフは窓が開くタイプで、ムーンルーフは窓が開かないタイプです。

車検証の記載事項

① 初度登録年月
主に『年式』と呼ばれるものです。重要な項目ですが、登録年月日と隣同士にあり、よく間違えてしまいがちです。しっかり確認して答えましょう。

② 車台番号
すべての生産車に振り分けられた固有番号です。所有者が変わっても車台番号は変わらないため、車の個体を識別するために重要な番号です。

③ 型式
車種ごとに割り当てられている番号です。車両を特定するのに重要です。

④ 総排気量又は定格出力
お車の排気量のことです。

⑤ 所有者の氏名又は名称
所有権がどこになっているかを確認するために聞かれます。所有者の印鑑証明書の印鑑が必要となりますので、売ることができるかの確認のため重要な項目となります。

⑥ 有効期間の満了する日
車検満了日の事です。車検が満了していますと公道を走ることができないため、積車等の準備や車検を買取店側でしなくてはならないので、確認事項となります。

その他に査定時に聞かれること

① 走行距離
車の総走行距離はオド(ODO)メーター、区間走行距離はトリップメーターと呼ばれる計器です。

② ボディの色
『パールホワイト』や『ブラックメタリック』といったように正確に色をお伝えしなくてもよく、『黒』や『白』でも大丈夫です。

③ 不具合・事故・修復歴
査定に響きますので正確にお伝えしましょう。

④ 装備品
ナビ、ETC、パワースライドドア、バックモニターやドライブレコーダー、ホイールなど

⑤ 残債(ローン)の残り金額
所有権がローン会社やリース会社になりますとお金を支払わなくては売却が不可能なため、必ず確認されます。

⑥ 売却時期
時期によって相場が変わりますので確認事項となります。

 

いかがだったでしょうか?
これさえ押さえておけば、スムーズに査定して頂けますのでぜひ活用してくださいねー!
ちなみに傷の大きさ・状態をお伝えするとよりスムーズに査定が出来ますのでしっかり査定員に伝えましょう。
(例: 〇〇㎝程 の 線傷(凹み・塗装剥がれ等) )

お車を売る際は一括査定プラスこと『イカプラ』をご利用くださいませ♪

一括査定プラスではお客様に代わって全国600店舗より最高額で買ってくれる買取店舗を無料で最短3時間でお探しいたします!詳しくはコチラをご覧ください!

車の一括査定サイト イカプラ

 

  • スタッフブログ