お知らせ・ブログ

ガソリン車の新規販売禁止⁉

皆さんこんにちは

 

9月も終わり、今年も残り2ヶ月ちょっととなりましたね🍁

 

私事なんですが、年始に立てた目標が5つあってそのうちの4つは、今のところクリアできていて

あと1つ目標達成できれば自分自身、少しレベルアップできたと感じる事ができると思うので

残りの2ヶ月、頑張って自信につなげれたらいいなぁと思っている現状です(;^ω^)

 

そんな中で、最近とあるニュースを目にしました。

 

 

カルフォルニア州のギャビン・ニューサム知事がガソリン車を段階的に廃止し、

 

2035年にはカルフォルニア集で新たに販売される自動車全てが破棄ガスを出さない

ゼロエミッション車になるよう義務づけることを発表したそうです。

確かに自動車の排気ガスはカルフォルニア州における温室効果ガス排出量の50%以上を占めているようで

それが無くなる、となると環境問題対策にもかなり重要となってくるのではないかと思います。

ニューサム知事は今回の行政命令について、

「これはカリフォルニア州が気候変動と戦うために取ることができる最も影響力のあるステップです。
何十年もの間、我々は子どもたちや家族が呼吸する空気を車が汚染することを許してきました。
我々の乗る車が子どもたちのぜん息の原因となるのであれば、カリフォルニア州の市民は今後このことについて心配する必要はなくなります。
我々の乗る車が山火事を悪化させてはならず、煙の多い空気で満たされた日が増えることもありません。
車が氷河を溶かしたり、海面を上昇させたり、大切なビーチや海岸線を脅かす原因となってはいけません」

と、ゼロエミッション車を推進していく理由について語っています。

ただ、やはりそこにはさまざまなハードルがあり、現状では高額な販売価格、

充電インフラの不足、航続距離に対する不安などにより米国のドライバーは

EV自動車(電気自動車)の検討に二の足を踏んでいるようです。

 

 

米国のドライバーは大きくて力強いエンジンを好むイメージがあるので

実際の所はうまくいくのかなぁと疑問に思ったのですが、

 

これがもし本当に現実となるのであれば地球の未来は良くなっていくのかな?と期待です

一括査定プラスではお客様に代わって全国600店舗より最高額で買ってくれる買取店舗を無料で最短3時間でお探しいたします!詳しくはコチラをご覧ください!

車の一括査定サイト イカプラ

 

  • スタッフブログ